スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

コスモス

コスモスの季節が到来。台風で背中が曲がっていたり
腕立て伏せをしているのもあるけど目をぱっちり開け
て、凛として咲きほこる。

咲き乱れる
コスモス
咲ききそう
コスモス
          
手を携えたピンクの花びら
しゃなりとした白い花びら
気の強そうな赤紫の花びら

しっぽの真っ赤なとんぼ
どれに立ち寄ろうか迷う 
           
どれに停まっても
聞こえてきそうな
         
「ずるい」
というささやき
「見捨てたのね」
というささやき

飛び立つ
赤トンボ 
秋晴れの空に舞う


言葉遊びの頃の小品です。パソコン通信「ねがいネット」投稿作品

スポンサーサイト

2006.10.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | 秋を綴る(9月)

秋空に舞う

鉄塔と鉄塔を繋ぐ電線がゆったりゆったり揺れる
そよかぜが電線を撫でる
チェリスト気取りで

陽光に染め上げられた赤紫の雲片
流れる淡いピンクに彩った雲

鳥は舞う
白いドレスに身を包んで鳥が舞う
電線を見下ろしたり見上げたり
ブランコと戯れる童のように

鳥は舞う
秋空を縦横無尽に
深まる秋の調べを
そよかぜと奏でながら

病院帰りの空のスケッチです。
2006年9月29日

2006.09.29 | | Comments(1) | Trackback(0) | 秋を綴る(9月)

秋のスケッチ(4)

秋のスケッチ 二題です。

彼岸花が微笑む
そよかぜと楽しいコミュ
仲間に入りたい小鳥たち

大空に舞う小鳥たち
そよかぜと楽しいコミュ
仲間に入りたい陽光


野原から囁く秋を彩る小虫たち
小鳥たちの黄色い囁き

足を伸ばすたびに
楽章が変わるような
響き渡る小虫たちの囁き

菜園からも
小鳥を伴奏者に誘って

花壇からも
子犬のワンワンと楽しい共演

道端からは童たちの笑い声と重ねて

絶えることのない秋の調べ
音色の異なる小刻みな囁き
秋の調べを奏でる主たち

調べに耳を傾ける
秋をわがものにするそよかぜ
バイオリンを気取って

2005年10月1日

2006.09.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 秋を綴る(9月)

秋のスケッチ(3)修正版

農道のカラス
ヒラリと舞い上がって
軟着陸

稲刈り後の水田
餌を啄むサギたち

車の音に気がついて
一羽のサギが軽く助走
二羽、三羽と群れをなし羽ばたく

純白のサギの群れ
一羽の黒いカラス
農道を挟んでコミュニケーション

秋空とそよかぜと陽光が目を細める
鳥たちの生き様


運動会日和の午後
家路につく親子連れ
後ろ手にビニールパックを持つ童たち
元気を出し切った顔付き
ビニールシートを担ぐ親父さん
陽光と仲良くなった笑顔
笑いを誘う元気を残すおかあさん
童たちの背を押す優しい手
快い疲れを背負う人たち
一日の労をねぎらう秋の風



道路沿いに咲く秋の小花
ニッコリと笑顔を振りまく
見向きもしない車に少々寂しげな顔付き
気ままに走り抜ける車
弾け跳ぶ小石が小花にアイコンタクト
さらりと吹き抜ける秋の風
小花を癒す優しい陽光
埃で薄化粧する
気を取り直す秋の小花

2006.09.20 | | Comments(1) | Trackback(0) | 秋を綴る(9月)

秋のスケッチ(3)

農道をカラスが歩く
車が直前まで来ると
ヒラリと飛び上がる

稲刈り後の水田にサギが一羽
車の音に敏感で少し助走してヒラリヒラリ
近くで餌をあさっていた三羽のサギも小走りして飛び立つ

とっても印象的な光景でした。

運動会日和の午後
家路につく親子連れ
後ろ手にビニールパックを持つ童
丸めたビニールシートを担ぐ親父さん
快い疲れを背負う童たち
お喋りを楽しむおかあさん

2005年9月25日

2006.09.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 秋を綴る(9月)

秋のスケッチ(2)

夜空の星が微笑んで
光の粒が降り注ぐ
地上の大合唱の始まり

夜空に響く自然の調べ
ピュロピュロピュロ
ジリジリジリジリジリ
ジージージージージージー
ギリギリギリギリ
ピーピーピーピーピー
小虫が奏でる
思い思いの自然の調べ

昼間の小鳥の囁きは隠れん坊
童の語らいも消え失せて
柔和な陽光も安眠中

小躍りして
小羽をすりあわせる
今宵の主人公

そっと手拍子する夜露たち
小虫の小羽を吹き抜ける
秋のそよかぜ

2005年9月24日

2006.09.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 秋を綴る(9月)

秋のスケッチ

陽光と雲の織りなす
淡いピンクのスポットライト

お淑やかな陽光と
雲の爽やかコミュニケーション

そっと覗き見するのは
秋のそよかぜ

秋空を眺める小花たち
秋の速達便に小躍りして

陽光と雲の織りなす光景が淡いピンクがかって
きれいでした。何を楽しそうに話しているので
しょうか?秋のそよかぜさんに教えてもらいま
しょう。

さぁ、身近な秋のスケッチをいたしましょう。

2005年9月23日

2006.09.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 秋を綴る(9月)

お月様の視線

やよいさんのお孫さんの絵とやよいさんの秀作「天まで届け」
に誘われて小品を綴ってみました。

弾けた陽光を包みこんだ青空も
そよかぜと秋の調べを奏でた黄金色の稲束も
お月様が吸い取ったみたい

暗闇に微笑む月影
スローなテンポを奏でるそよかぜと虫たちの共演
柔らかいピアノとトランペットの調べみたい
地上に降りたいと耳を傾ける

今にもしゃがみこみそうな
指揮棒を振りたそうな
心ここにあらずのお月様の視線

2006年9月3日

2006.09.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 秋を綴る(9月)

秋の砂浜

yakoさんの画像をヒントに創作した拙い小品です。
yakoさん有り難うございます。


陽光がそよかぜと奏でた秋空のメロディ
羨ましそうに聞き入る波間の水滴

さぁ、私たちもと砂浜に想いを綴る
繰り返し、繰り返し綴る
砂浜のスケッチブックに
波間にきらきらと輝くの水滴の筆さばき

人影の消えた海辺に
夜空の星を聴衆に
波間の水滴と秋のそよかぜの奏でる
荘厳な自然の調べ

陽光に捧げる子守歌の調べ

2006年9月14日

2006.09.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 秋を綴る(9月)

«  | HOME |  »

プロフィール

四季

Author:四季
ご訪問いただき有り難うございます。拙い習作を重ねております。コメント等いただければ幸いです。
なお当ブログに相応しくないコメントは管理人の判断で削除させていただきますのでご了承下さい。サイト内の作品の著作権は、製作者と管理人@四季にあります。転載などはご遠慮ください。

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。