スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

貴女へ

貴女は演じた
難聴者やろう者の想いを背負って
でも気負いはなかったと思う
貴女が自然体で想いをありのままに表現されたから

貴女の想いはみなさんのハートにしっかりと響いた
若き人々は希望や夢をふくらませた
保護者もわが意を得たりと心に刻んだ

貴女の想いは広がる
貴女の想いは響く
それは真っ当な想いに根ざしたものだから
人間の尊厳に関わるものだから

貴女のステップは
今日も大ジャンプ
陽光と夏空を見据えるように
向日葵の大輪のように

でも足元の小花にも優しく微笑む
それは
貴女が生命(いのち)のアーティストだから
貴女が生命(いのち)のメロディストだから


2010年8月3日 四季

スポンサーサイト

2010.08.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | 今村彩子さんとその仲間たち

ステップ

菜の花が粉雪のあしらった帽子を被る

貴女は歩む
粉雪でドレスアップした路面を
踏みつけるのは可哀想と
軽いステップ
貴女の優しい心をしみこませるように

頬をなでる粉雪に目配せをして
ステップ、ステップ、
軽やかなステップ

2008.02.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | 今村彩子さんとその仲間たち

貴女へ

道端の目を細めないと見えない紫の蕾

蕾に詰まった春の香り



寒風が忍び寄る木々の赤い実

透視すれば春の便りがいっぱい



貴女が彼と手を握る日



紫の蕾は綻び

赤い実は弾け

春の香りを大空に放つ



あなたがたの門出を祝して



2008年1月16日

2008.01.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 今村彩子さんとその仲間たち

貴女へ


貴女に捧げる

貴女が微笑むと
陽光もうっとりして
秋の調べを奏でるそよかぜと
命の輝きを謳う

貴女が手を動かすと
風の漣が蠢いて
優しさいっぱいの調べが湧き上がる

貴女が歩を進めると
路面の色とりどりの木の葉が
舞い上がって
貴女のウエディングを織り上げる

2007.11.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 今村彩子さんとその仲間たち

ASLの舞い

粉雪が舞う
颯爽と舞う
リズミカルに舞う

彩子さんの織りなす
表情豊かで
手編みみたいなサイン

2003年3月4日

2006.10.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | 今村彩子さんとその仲間たち

ASL(アメリカ手話)開講に寄せて

三重でもASL講座の開幕です。

梅の蕾が微笑む
そんな頃

粉雪が舞い踊る今日
ASLの可愛い種が
そよかぜに誘われ
桑名の地に根をおろす

不安と期待が入り交じり
おっかなびっくりの
新しいASLの仲間たち

ASLのワールドの幕開けです
   
彩子さんがタクトを振り
仲間たちが楽器を奏でるように
指文字やら
名前やら
手指が動き出します 

ASLの世界の幕開けです

寒空に舞う小雪が
楽しそうな笑い声に
耳を傾ける。


2003年3月4日

2006.10.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | 今村彩子さんとその仲間たち

劇団AUE公演に寄せて

愛知教育大学の特殊教育科の劇団AUEの「鈴の音」を観劇しました。脚本・演出は今村彩子さんです
   
  祝 公演の成功によせて      
    5月12,13日
 
いま、あゆみだした
貴女
AUE
今、歩みだした
貴方
AUE

聴覚障害者の様々な想いが
みなさんの力強いアクションで
聾者の想いが
みなさんのデリケートな手指表現で
難聴者の想いが
若さ溢れる初々しい身体表現で
聴覚障害者の喜怒哀楽が
みずみずしい自己表現で
大きく花開いた
    
心の一番奥底に
大事に大事に鍵をかけてしまってあった
聴障者の様々な想いが
他人には言うまいと心に誓った
様々な想いが
    
種子が飛び跳ねるように
五月晴れの青空に舞い上がった

初夏の第一便として
貴方
貴女
笑顔いっぱいの
AUEのみなさんの手で
投函された
初夏のそよかぜにふんわり乗って 
スマイルいっぱいのそよかぜにのって
聴覚障害者の命の輝きを願う人々に
人間の命の輝きを願う人々に向かって

2006.09.30 | | Comments(0) | Trackback(1) | 今村彩子さんとその仲間たち

ASL講習会を終えて 彩子さんへ

柔和な陽光がニコニコしている
ASLの学習の様子が見たいという
夜空に輝くお友達から聞いたという

アルファベットも目を白黒
数字はなかなか手強いです
眉の上下は目がまわる
       
三回限りの学習だったけど
彩子さんのデリカシィな気配りと
長谷川さんのスマイルと
座布団に座ってみんなが頑張った
みんな仲良くなれました

象さんゲームは
我を忘れて発奮しました
みんなの笑顔が最高でした
笑い声が冬の夜空に舞い上がった
       
彩子さん、有り難う
素敵なASLのプレゼントを
肩にヨイショと
2002年の新春に運びます。
ASLの魅力を満喫させてもらって
ASLの世界に誘ってもらって
       
さぁ、2002年はもう直前
青空を見上げると
頬を撫でるそよかぜの息吹にも
草木の枝葉にも
慌てんぼうの新春の便りが
届いていますよ。
       
さぁ、ASLで挨拶をしましょう
NICE TO MEET YOU!
彩子さん、ASLのプレゼント有り難う 

2001年12月28日   
       

2006.09.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 今村彩子さんとその仲間たち

劇団AUEのみなさんへ

劇団AUEのみなさん、明日から公演ですね。
脚本を拝見してませんので、公演の感想は
また後ほど・・・・・・(スマイル)。
会場案内の方、受付の方、キャストの方、
スタッフの方の手作りの公演を期待します。
今回の会場案内は何ですか?前回の「鈴」
は感激しました。
 4月じゃないのに桜が開花して、一歩先
を越されてしまったね。でも明日からの公
演は文字通り、希望と夢に胸ふくらませ、
大いなる一歩を踏み出そうとするみなさん
にどうか命の輝き、人間の尊厳、人間と人
間の繋がりの大切さをみなさんの若さで大
いに表現して下さい。

お茶目な桜が開演を宣言しました。
慌て者の桜が公演を待ちきれなか
ったのでしょう。

彩さんの綴った想いを
みなさんが心にしっかり受けとめて
声を掛け合い、手話や身振りで伝え
あい、頑張って頑張っての練習

お茶目な桜やタンポポが
ツクシさんや小鳥たちが
きっときっと慌てたのでしょうね。

若さ溢れる掛け声の輪が広がり
躍動感溢れるステップの力強さが響き
考えに考えた手話表現への想いが
一つ一つの科白への緻密な吟味が
そんなみなさんの熱い想いが
練習会場を飛び抜けて
春のそよ風に伝わったのでしょう。
心優しい陽光が暖かい光の粒を
振りまいたのでしょう
        
あわてんぼうの桜さんが
気の強いタンポポさんが、
小鳥さんも我を忘れて
春を宣言したのでしょう            

2006.09.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 今村彩子さんとその仲間たち

ASL(アメリカ手話)講習会を終えて

 寒かった夕暮れ時に始まったASLへの旅
 不安でいっぱいだったみんなの気持ち

 暖かく受け止めてくれた
 そんなみんなの想いを
 彩子さん、貴女が

 貴女の表情が
 貴女の指が
 貴女の眉が

 自分流に
 焦らなくてもいい
 一歩一歩進めばよいって
 ニコニコと誘ってくれた
 彩子さん、貴女

 雪の日もあった
 でもみんなが頑張った
        
 休憩時間にも
 輪が出来
 ミニ学習会が始まった

 そしていつの間にか
 手が動くようになった
 笑い声も聞かれるようになった

 桜の便りが聞かれるようになった
 あっと言う間に4月になった
 菜の花が微笑んでいる        
        

       

2006.09.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 今村彩子さんとその仲間たち

劇団AUEのみなさんへ

  
    劇団AUEのみなさんへ
       
みなさんの手作りの手話劇を拝見して、聾学校の教員と
としてだけでなく一人の人間として「元気」と「勇気」
を与えていただいたように思います。本当に有り難うご
ざいました。
 ご卒業のみなさん、社会人になっても演劇活動でゲッ
トしたものを生かして頑張って下さいね。
 在校生のみなさん、学びながらの練習は大変でしょう       が、学生ならではの表現活動はまた斬新で心地よいもの
伝わってきます。先輩の心意気をしっかりキャッチして、     頑張って下さい。また三重から足を運びます。楽しみにし      ております。      
          
         柔和な陽光が大地の生命に囁く
         AUEのみなさんが
         それぞれを想いを
         息のあった自己表現で
         会場のみなさんに託したように

         柔和な陽光がにこにこ顔で微笑む
         AUEのみなさんが
         手指と全身で
         聴者と聴障者の想いを表現されたように

         春を呼ぶ陽光が胸にそっと手をあて
         大空を見すえる
         
         みなさんが
         聴者と聴障者の織りなす葛藤を
         デリカシーな手指と全身で
         紡いだように
         
         今日
         貴方は巣立つ
         春をよぶ陽光が
         キラキラと輝く
         今日
         貴女は巣立つ

         命の輝きと
         人間の尊厳の想いを
         後輩に託して

         春のそよ風と手をとって
         舞台から舞い降りて
         ストリートを背筋を伸ばして
         路面に一歩一歩を刻む
         
         菜の花と桜の緩んだ蕾が
         みなさんの背をそっと押す

          2003年3月24日
                
 
         
         
         


2006.09.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 今村彩子さんとその仲間たち

«  | HOME |  »

プロフィール

四季

Author:四季
ご訪問いただき有り難うございます。拙い習作を重ねております。コメント等いただければ幸いです。
なお当ブログに相応しくないコメントは管理人の判断で削除させていただきますのでご了承下さい。サイト内の作品の著作権は、製作者と管理人@四季にあります。転載などはご遠慮ください。

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。