スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

音楽文化集団うた・うた 7月20日コンサート

音楽文化集団うた・うた 7月20日コンサート

夜空に星たちが舞う
昼間の雑踏を静寂が包み込む

団地の一角に三々五々集う仲間たち
ゆったりと歩きながらドアのノブに触れる人
時間厳守で駆けこむようにノッキングする人
欠伸(あくび)をそっと隠すように玄関に立つ人
それぞれの生活感を発しながら
集う仲間たちだ

ピンポン
「いらっしゃい」
それぞれの生活の息遣いを抱き寄せるような
モーニングバードのような精悍(せいかん)な声

疲れを癒やすようなレスポンスが
背筋をしゃんと伸ばしてくれる
「ひと頑張りするか」と仲間たちをその気にさせる

「いらっしゃいコール」で始まる企画委員会
コンサートのテーマを練り上げる仲間たち
その顔付は真剣そのものだ

頬を赤らめ
瞳がきらり
耳たぶはピクピク

みんなが主役だ

病床からコンサートのテーマを探り
テーマに沿った選曲をする
コンサートのコンテンツ練り上げる
そんな頼もしい仲間がいる
病に向き合い、生命(いのち)と対話する
仲間ならではの提案が記されている
企画書に記されている

そんな仲間の奮闘ぶりに感歎するみんな
そんな仲間の真摯な想いを受け止める仲間たち
そんな仲間の生き方そのものから学ぶみんな
そんな仲間の真摯な姿勢に改めて感動する仲間たち


「命の尊さ」・「輝く未来」「平和な世界を」

コンサートのテーマを練り上げる仲間たちの
真摯なトークにも熱がこもる

みんなが一人ひとりの想いを出し合う

どんな想いを歌声にのせるのか
どんな想いを誰に届けたいのか
そうだ、そうだと頬が緩む

誰に届けたいのか
震災後も仮設住宅に住む数え切れぬ人々に
大好きだった海が怖いと打ち寄せる波を直視できない人々に
原発の過酷事故で真っ青な空のもとで我を忘れて遊べない童(わらべ)たちに
七夕の栞に「運動会は外で」と記す童(わらべ)たちの心根に

私たちの歌声がきっときっと届きますようにと願いながら

誰に届けたいのか
辺野古への新基地建設に敢然と抗う人たちに
陽光が頬を撫で、額の汗を拭きふき建設強行に抗議の声を上げる人々に
星空を眺めながらも背筋を伸ばし夜の監視を続ける人たちに

私たちの歌声があなたがたの想いに寄り添うようにと願いながら

誰に届けたいのか
「老々介護」に必死で取り組む人たちに
「長生き出来て本当によかった」と
高齢者がにこやかに本音を言える社会に
日本の礎を築き上げた人々なのだから
若者に混じって交通整理に取り組む額に皺を重ねる人たちに
毎朝、登校する童(わらべ)たちに声掛けをする
信号機の傍のモーニングサービスのお爺さんとお婆さんに

今の時代の課題はどういうものか
今の時代に大切にしたいものは
それをはっきりと打ち出さんとあかん
その通りとみんなが相槌をうち
共同の思索が始まる
哲学のゼミナールのワンルームに一変

みんなが想いを出し合い
選曲の一つ一つを確認していく作業
歌う曲の順番も大切だ
なるほどなるほどと視線がプログラムに集中
楽譜、プログラムを手に取りながら

コンサートのコンテンツをひとつひとつ練り上げていく
コンサートのコンテンツをひとつひとつ創りあげていく
ゆっくりゆっくり合意を積み上げていく

心のこもった手作りのお菓子に舌鼓を打ちながら
ざっくばらんな会話にも花が咲く

夜空の星たちが興味深々と覗き見る

「さぁ、顔を上げて一歩を踏み出そう」
そんな呼びかけも必要だね
全員が肯く
瞳が輝く


夜空の星も輝く瞳の視線を感じる

元気な大人の姿を子供たちに見せよう
呼び掛けや曲の紹介や曲に込める想いの文案も練る
分かり易い言葉で、言の葉も洗練されたものを

週一回の練習にも熱がこもる
練習前にストレッチ
発声練習、呼吸法も丁寧にチェックする

パートの音域を揃えようと耳を傾けあい
笑顔でチェックしあう仲間たち
他のパートの声もよく聴いて

俳優になったつもりでね
姿勢を正して
笑顔いっぱいにね
指揮者をよく見て
ピアノ伴奏にも耳を傾けて
楽譜ばっかり見てないでね

大切な指示が解りやすく飛び交い
団員が家族ぐるみのように語らい
重鎮の想いもしっかりと受け止めながら

朗読の練習にも力が入る
戦争体験の想いを伝えてゆこうと
我が街にも空襲があったことを伝えようと
しっかりと体験者の想いが届くようにと

日々の練習の成果が十二分に発揮できるように
心ひとつに生き生きと伸びやかな歌声を

閣議決定不承認の意思も確りと歌声にのせて
この地上に銃声と軍靴の足音が響かぬように
核兵器廃絶の願いを高らかに歌おう
童(わらべ)たちが喜びと希望に胸ふくらませて生きる世界に

心ひとつに胸を張って堂々と歌い上げます

7月20日私たちは舞台に立ちます

私たちの歌声がみなさんに届きますように
私たちの想いがみなさんに届きますように

そしてなによりもみなさんのハートに
歌声が心地よく着地することを願って

2015年3月4日

スポンサーサイト

2016.09.16 | | Comments(0) | Trackback(0) | うた うた

2013年5月29日支援コンサート

2013年5月29日支援コンサートに寄せて

平和への想いを歌声に託すなかまたち
人間の命と尊厳の輝きを希求するなかまたち
人権のさらなる輝きを謳いあげるなかまたち
「音楽家は労働者」に共感して集ったなかまたち
コントラバス奏者杉本正さんと布施木憲次さんの支援に駆けつけたなかまたち
今日のみなさんの想いを重ね合わせ、音楽の調べに託し大いに支援の輪を広げましょう

杉本正さんのコントラバスの調べが響きわたり
その緩やかな調べが会場いっぱいに広がります
その強靭な調べが参加者の胸を打ち、ぐいっと背を押します。

ステージに立たれた音楽家たちの奏でるメロディーが
合唱団のなかまたちの歌声が
ピアノ奏者の連弾の調べが
歌声の二重唱の調べが
数多くの音楽の調べが奏でられ
調べのひとつひとつがみなさんの心を打ちます

音楽の調べが重なり合い
杉本正さんのコントラバスの調べに寄り添い
心が一つになり
支援の想いが春風に乗って
会場を飛び跳ねて青空に舞い
街角に響きわたります

歌を愛するなかまたちの想いが
杉本正さんと布施木憲次への支援の想いが
大きく大きく花開くことを祈念します。

さぁ、高らかに歌いましょう
さぁ、伸びやかに奏でましょう
杉本正さんと布施木憲次への支援の想いを
音楽の調べに託して


2013.06.10 | | Comments(1) | Trackback(0) | うた うた

歌声がハイジャンプ 

歌声がハイジャンプ 題

歌声が跳ねた
歌声が弾んだ
2013年4月29日
五月の風を呼び込むように

杉本正さんのコントラバスの調べが
優しく語りかける調べのひとつひとつが

胸の奥にしまった想いを吐露しなさいよと
日々の労働の疲れを解すようにと
童たちは貴女の声掛けを待ってるんだよと

支援コンサートというビッグなネーミングの音楽会が
音楽に耳を傾ける仲間たちの心を熱くした

コントラバスの調べが
ビオラの響きと相まって
心の奥底に深々とわけいり
体の奥を揺さぶるように
気だるさを取り払い
さらっと染み込むように滑りこむ

陽光が額を撫でるように
そよかぜが頬を癒すように

そっとそっと
「優しさ」という花の種を蒔いた
「愛らしさ」という花の種を
そっとプレゼントしたのだ

コントラバスの奏でる調べに
ビオラの柔らかな調べが笑い顔でそっと寄り添って
花の種はゆっくりとふくらみ芽吹く準備を進めた

支援コンサートというネーミングのはずだった音楽会
いつのまにか
いつのまにか
音楽に耳を傾ける仲間たちの心を熱くした
音楽に耳を傾ける仲間たちの心を鼓舞した

ブルーグラスの調べも
ハスキーな歌声としっかりと意気投合し
ピアノ奏者の息のあった連弾の調べが重なり合って
女性の二重唱の調べも生き生きと歌いこまれ
お互いの歌声を気遣う優しさが実に爽快
生命(いのち)の輝きを願うなかまたちの想いと連動した、

「急ごしらえ」とは名ばかりの軽快なリズミカルなバンド演奏、
指の運びの技巧さに誰からともなく拍手が沸き起こる
コントラバスとビオラもこっそりと仲間入りをして格調高くコミットメントされた

芽吹く準備の種たちは
歌声と楽器の奏でる調べにふくよかに育まれ
優しい旋律の調べにぐいっと背を押されて時を待つ

会場いっぱいのなかまたちの歌声
「頑張ろう」の大合唱の歌声に
なかまたちの心が弾んだ
なかまたちの想いが溶け込んだ

心の奥底に
体の奥に
潜んだ優しさと愛らしさが
ここぞとばかりに大きく大きく芽吹いた

杉本正さん、布施木憲次さん支援の想いのひとつひとつが
音楽家、歌声のなかまたちの調べが響き渡り
芽吹いた種は5月の夏風を呼び込み大ジャンプ

笑顔、笑顔の花が連なる会場
参加者の仲間たちの足取りは軽やか
芽吹いた種をだいじにだいじに手にして
颯爽と街角に駆けだした

芽吹いた種を誰に渡そう
優しさと愛らしさの芽吹いた種をなかまたちに渡そう
小躍りして街角に駆け出した

コントラバス、ビオラの調べ そして楽器の調べ、歌声の響きの余韻が
なかまたちが踏みしめた会場を
なかまたちが想いをこめて歌った会場を敷き詰めた 

芽吹いた種を誰に渡そう
優しさと愛らしさの芽吹いた種をなかまたちに渡そう
小躍りして街角に駆け出した

2013年4月29日
歌声が跳ねた
歌声が弾んだ
歌声が大空にハイジャンプ

2013年5月8日 







2013.06.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | うた うた

あなたは奏でる

真っ青な大空に届けんとばかりに
あなたは奏でる
生命(いのち)のメロディーを

真摯に生を紡ぐひとびとに
明日を生き抜くひとびとに
天真爛漫の童(わらべ)たちに

うつむきかげんのひとびとに
寄り添うように
手を差し伸べるように
仲間がいるよ、想いを語ろうよ

あなたは奏でる
あなたは伸びやかに
あなたは唄う
生命(いのち)のメロディーを

2013.06.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | うた うた

«  | HOME |  »

プロフィール

四季

Author:四季
ご訪問いただき有り難うございます。拙い習作を重ねております。コメント等いただければ幸いです。
なお当ブログに相応しくないコメントは管理人の判断で削除させていただきますのでご了承下さい。サイト内の作品の著作権は、製作者と管理人@四季にあります。転載などはご遠慮ください。

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。