スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

劇団AUE公演に寄せて

愛知教育大学の特殊教育科の劇団AUEの「鈴の音」を観劇しました。脚本・演出は今村彩子さんです
   
  祝 公演の成功によせて      
    5月12,13日
 
いま、あゆみだした
貴女
AUE
今、歩みだした
貴方
AUE

聴覚障害者の様々な想いが
みなさんの力強いアクションで
聾者の想いが
みなさんのデリケートな手指表現で
難聴者の想いが
若さ溢れる初々しい身体表現で
聴覚障害者の喜怒哀楽が
みずみずしい自己表現で
大きく花開いた
    
心の一番奥底に
大事に大事に鍵をかけてしまってあった
聴障者の様々な想いが
他人には言うまいと心に誓った
様々な想いが
    
種子が飛び跳ねるように
五月晴れの青空に舞い上がった

初夏の第一便として
貴方
貴女
笑顔いっぱいの
AUEのみなさんの手で
投函された
初夏のそよかぜにふんわり乗って 
スマイルいっぱいのそよかぜにのって
聴覚障害者の命の輝きを願う人々に
人間の命の輝きを願う人々に向かって

スポンサーサイト

2006.09.30 | | Comments(0) | Trackback(1) | 今村彩子さんとその仲間たち

ASL講習会を終えて 彩子さんへ

柔和な陽光がニコニコしている
ASLの学習の様子が見たいという
夜空に輝くお友達から聞いたという

アルファベットも目を白黒
数字はなかなか手強いです
眉の上下は目がまわる
       
三回限りの学習だったけど
彩子さんのデリカシィな気配りと
長谷川さんのスマイルと
座布団に座ってみんなが頑張った
みんな仲良くなれました

象さんゲームは
我を忘れて発奮しました
みんなの笑顔が最高でした
笑い声が冬の夜空に舞い上がった
       
彩子さん、有り難う
素敵なASLのプレゼントを
肩にヨイショと
2002年の新春に運びます。
ASLの魅力を満喫させてもらって
ASLの世界に誘ってもらって
       
さぁ、2002年はもう直前
青空を見上げると
頬を撫でるそよかぜの息吹にも
草木の枝葉にも
慌てんぼうの新春の便りが
届いていますよ。
       
さぁ、ASLで挨拶をしましょう
NICE TO MEET YOU!
彩子さん、ASLのプレゼント有り難う 

2001年12月28日   
       

2006.09.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 今村彩子さんとその仲間たち

劇団AUEのみなさんへ

劇団AUEのみなさん、明日から公演ですね。
脚本を拝見してませんので、公演の感想は
また後ほど・・・・・・(スマイル)。
会場案内の方、受付の方、キャストの方、
スタッフの方の手作りの公演を期待します。
今回の会場案内は何ですか?前回の「鈴」
は感激しました。
 4月じゃないのに桜が開花して、一歩先
を越されてしまったね。でも明日からの公
演は文字通り、希望と夢に胸ふくらませ、
大いなる一歩を踏み出そうとするみなさん
にどうか命の輝き、人間の尊厳、人間と人
間の繋がりの大切さをみなさんの若さで大
いに表現して下さい。

お茶目な桜が開演を宣言しました。
慌て者の桜が公演を待ちきれなか
ったのでしょう。

彩さんの綴った想いを
みなさんが心にしっかり受けとめて
声を掛け合い、手話や身振りで伝え
あい、頑張って頑張っての練習

お茶目な桜やタンポポが
ツクシさんや小鳥たちが
きっときっと慌てたのでしょうね。

若さ溢れる掛け声の輪が広がり
躍動感溢れるステップの力強さが響き
考えに考えた手話表現への想いが
一つ一つの科白への緻密な吟味が
そんなみなさんの熱い想いが
練習会場を飛び抜けて
春のそよ風に伝わったのでしょう。
心優しい陽光が暖かい光の粒を
振りまいたのでしょう
        
あわてんぼうの桜さんが
気の強いタンポポさんが、
小鳥さんも我を忘れて
春を宣言したのでしょう            

2006.09.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 今村彩子さんとその仲間たち

ASL(アメリカ手話)講習会を終えて

 寒かった夕暮れ時に始まったASLへの旅
 不安でいっぱいだったみんなの気持ち

 暖かく受け止めてくれた
 そんなみんなの想いを
 彩子さん、貴女が

 貴女の表情が
 貴女の指が
 貴女の眉が

 自分流に
 焦らなくてもいい
 一歩一歩進めばよいって
 ニコニコと誘ってくれた
 彩子さん、貴女

 雪の日もあった
 でもみんなが頑張った
        
 休憩時間にも
 輪が出来
 ミニ学習会が始まった

 そしていつの間にか
 手が動くようになった
 笑い声も聞かれるようになった

 桜の便りが聞かれるようになった
 あっと言う間に4月になった
 菜の花が微笑んでいる        
        

       

2006.09.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 今村彩子さんとその仲間たち

劇団AUEのみなさんへ

  
    劇団AUEのみなさんへ
       
みなさんの手作りの手話劇を拝見して、聾学校の教員と
としてだけでなく一人の人間として「元気」と「勇気」
を与えていただいたように思います。本当に有り難うご
ざいました。
 ご卒業のみなさん、社会人になっても演劇活動でゲッ
トしたものを生かして頑張って下さいね。
 在校生のみなさん、学びながらの練習は大変でしょう       が、学生ならではの表現活動はまた斬新で心地よいもの
伝わってきます。先輩の心意気をしっかりキャッチして、     頑張って下さい。また三重から足を運びます。楽しみにし      ております。      
          
         柔和な陽光が大地の生命に囁く
         AUEのみなさんが
         それぞれを想いを
         息のあった自己表現で
         会場のみなさんに託したように

         柔和な陽光がにこにこ顔で微笑む
         AUEのみなさんが
         手指と全身で
         聴者と聴障者の想いを表現されたように

         春を呼ぶ陽光が胸にそっと手をあて
         大空を見すえる
         
         みなさんが
         聴者と聴障者の織りなす葛藤を
         デリカシーな手指と全身で
         紡いだように
         
         今日
         貴方は巣立つ
         春をよぶ陽光が
         キラキラと輝く
         今日
         貴女は巣立つ

         命の輝きと
         人間の尊厳の想いを
         後輩に託して

         春のそよ風と手をとって
         舞台から舞い降りて
         ストリートを背筋を伸ばして
         路面に一歩一歩を刻む
         
         菜の花と桜の緩んだ蕾が
         みなさんの背をそっと押す

          2003年3月24日
                
 
         
         
         


2006.09.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 今村彩子さんとその仲間たち

子育てのメロディ

額の汗を拭う9月のそよかぜ
タイヤと路面の奏でる
子育てのメロディ

三人乗りの自転車はアスファルトの路面を擦る
全力疾走の風も青息吐息

おっかなびっくりの童たち
小石に出会うたびに
心配顔のコスモスたち

子育てママさんの奏でる生活の調べ

2006年9月29日

2006.09.29 | | Comments(1) | Trackback(0) | 子育て

秋空に舞う

鉄塔と鉄塔を繋ぐ電線がゆったりゆったり揺れる
そよかぜが電線を撫でる
チェリスト気取りで

陽光に染め上げられた赤紫の雲片
流れる淡いピンクに彩った雲

鳥は舞う
白いドレスに身を包んで鳥が舞う
電線を見下ろしたり見上げたり
ブランコと戯れる童のように

鳥は舞う
秋空を縦横無尽に
深まる秋の調べを
そよかぜと奏でながら

病院帰りの空のスケッチです。
2006年9月29日

2006.09.29 | | Comments(1) | Trackback(0) | 秋を綴る(9月)

命の調べ

老夫婦が朝の散歩を楽しまれていました。奥様は車椅子でご主人が肩に手を掛けてなにやらコミュをされていました。昨日出勤途中の心温まる風景をスケッチしてみました。2006年9月29日

星空が優しい言葉をかけた路面を
柔らかい陽光とそよかぜが戯れる路面を

アスファルトの歩道で
伸びやかに広がる畑を
コミュするように眺める老夫婦

陽光が夫婦に語りかける
そよかぜが夫婦を撫でる

内緒話を楽しむ夫婦
陽光やそよかぜが耳を傾けていることも気づかず
夫婦のゆったりとした会話が続く

恥じらうこともなく
ざっくばらんなコミュ
通り過ぎる車に声をかき消されて

夫婦の笑みが零れる
相づちをうつ車椅子
老夫婦の命輝く

2006.09.29 | | Comments(3) | Trackback(0) | 生を重ねる(高齢者)

葉っぱが踊る

  そよかぜが鍵盤を弾く
  葉っぱが踊る 
  そよかぜが鍵盤に
  ちょこんと座ると
  葉っぱがジャンプ

  ニコニコ顔の銀杏の実

  銀杏の実を手に取る童たち
  じっと見入る童たち
  いささか緊張気味の実さん
  撫で撫でしてもらって
  すっかりご満悦
  子どもたちの話が弾む
  手話の花が咲きほころぶ
  楽しそうなコミュが花開く
 
  秋のそよかぜさんも
  陽光さんも
  輪の中に入りたくてムズムズ
  お母さんたちも興味津々

  2002年10月23日

2006.09.25 | | Comments(7) | Trackback(0) | 秋を綴る(10月)

深まる秋のスケッチ

校務員さんが銀杏の葉っぱのお片づけ
 校庭の土もなんだか寂しそう
 駐車場のコンクリートも沈黙

 銀杏の葉っぱがサラッと舞い落ちる
 土も目覚めたようにニコニコ顔
 コンクリートも友人と再会したように
 スマイルいっぱいの笑顔
 銀杏の葉っぱと土が楽しいコミュ
 銀杏の葉っぱとコンクリートの楽しいひととき

 銀杏の葉っぱが舞い降りる
 可憐なダンサー気取りで
 ヒラリヒラリと
 そよ風にのって
 ヒューヒューヒューと
 華麗なスケーターに扮して
 クルーリ、クルーリ、クルクルクルクルクル 

 銀杏の葉っぱが舞い踊る
 お目当ての車に
 落下傘みたいにフンワリフンワリ
 タンポポの綿毛みたいに軟着陸  


 陽光と青空と雲影

七色の光線が青空とコミュ
茶目っ気な雲がわりこんで
陽光を遮る

七色の光線が雲とコミュ
独り占めした雲ははじけそうな笑顔
青空はプンプン
心優しいそよかぜがここぞとばかり
ピューピューピュー
雲はもんどりうってコロンコロン



2002年11月3日

2006.09.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 秋を綴る(11月)

微笑みいっぱい

    眠気顔の路面
    陽光さんと楽しいコミュ
    キーキーキーキーと
    小鳥が飛び交う
    ニコニコ顔の路面です。

    肌を刺すような寒風
    今日は微笑みいっぱいの
    そよ風に
    にこにこ顔の路面を
    優しく撫でる。

    2004年1月11日 

2006.09.25 | | Comments(1) | Trackback(0) | 冬を綴る(1月)

雪は舞う

小雪が舞う
どんな想いを胸に秘めて
シトシトシト
シトシトシト

小雪が踊る
どんな希望を胸に抱いて
ヒラリヒラリ
ヒラリヒラリ

小雪が駆ける
どんな夢を胸に秘めて
ヒューヒュー
ヒューヒュー

小雪は指揮者のそよかぜにせがむ
バックの調べは?
ブァイオリンは?
ピアノは?
ビオラは?

そよかぜは大変な脂汗
裸木の冬芽がソワソワ
裸木の表皮もソワソワ  

小雪が駆ける
小雪が踊る
小雪が舞う

それぞれの想いを
季節の調べに託して

2003年1月8日

2006.09.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 冬を綴る(1月)

初夏のスケッチ

山吹色の花
       アスファルトの道路に
       すらりと花弁を伸ばした
              
       交通安全のフラッグみたい
       
       隠れん坊の童が覗いてら
       今にもそっと顔をだしそうな
       童たち

       童心にかえった
       イエロウハットの花

       
              
       刈り取りを待つ小麦たち
       お行儀よく
       こげ茶色の頭を並べる
       散髪したみたいに気取ってら
       プリンさんも苦笑い
       
       舌なめずりの
       初夏のそよかぜ
       お味はいかがと
       こっそり狙う
       レスキュー隊気取りの小鳥さん
       プリン頭をかすめ飛ぶ
       
       入学式の童みたいな
       ニコニコ顔の
       小麦の穂

       2003年6月5日 

2006.09.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 夏を綴る(6月)

初夏のスケッチ(1)

       道路にすらりと伸びた山吹色の花
       交通安全の黄色のフラッグみたい
       童が今にもそっと顔をだしそう

       刈り取りを待つ小麦たち
       お行儀よく頭を並べる
       小麦の穂

       畑に背筋を伸ばした鷺
       誰もみていないと思って
       安堵のしぐさ
       
       水をはった田圃
       青空を写すスクリーン
       戯れる雲たち

       2003年6月3日

2006.09.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 夏を綴る(6月)

天に召されたチップさんへ

 陽光が
 光の粒を花束にして
 
 一輪、一輪
 そっとそっとスローイング
 ちょっとしたマジシャン
 
 光の粒は
 天使にお色直し
 ちょっぴり照れ屋さん
 にっこりスマイル
 

 真っ青な青空と
 ちぎれ雲が手に手をとって
 チップさんも
 嬉々とした笑顔で
 輪に入る
 
 

 木々の葉が揺れる

 初秋のそよかぜ
 はっと我に返って
 タクトを振る
 
 赤とんぼが舞う

2003年9月8日

2006.09.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | TOMOさんとTOMOおかあさんへ

祝TOMOさん23歳

四季です。TOMOさん、23歳 おめでとう
大変遅くなって申し訳ありません。稚拙な
小品です。 
 
 TOMOさん、TOMOおかあさんとチップさん銀河メール

ちょっとした雲間から
黄色と淡い紫の光の舞が始まる

TOMOさん、TOMOおかあさん
お元気ですか?

チップです

TOMOさん、TOMOおかあさん
命がキラキラ輝く息使い

そよかぜさんと
陽光さんが

秋がいっぱい詰まった
カラフルな葉っぱに包んで
ススキで結わえて

大空にポイ

ふんわりふんわり
雲さんがナイスキャッチ

キラキラ輝く星空にポイ

キラキラ輝く銀河のお友達が
銀河の星屑が
額に汗して
手渡しで

チップさん、お届けものでーす

2003年9月17日 
TOMO 23歳

2006.09.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | TOMOさんとTOMOおかあさんへ

2004年新春

陽光が大地を照らす
待ちに待った
新春のスタート

小鳥のカラフルな囀り
青空のすっきり笑顔
微風の息つかい
大地の深呼吸

地球上のあらゆる生命が
繰り広げる嬉々とした
コミュニケーション

新春の門出を詠う

2006.09.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 新春

2005年新春

雪が舞い踊る
大自然にステップ
新春を謳う

命の輝きを
戦火の絶えることを
祈願し

小鳥は詠う
小川は流るる

寒風と粉雪の
爽やかコム二ケーション

2006.09.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 新春

バースデイメッセージ(9月7日)

姉へのバースデイメッセージ

貴女のハートは日々鼓動を打つ
貴女のバストは今日も新しい風を吸い込む

新しい9月の風と出会えた感動を
新しい9月の陽光と出会えた歓喜を

貴女は今日も謳う
命を育む感動を
命を紡ぐ感動を
いっぺんの奢りもなく
なんの気負いもなく

自然な生の営みを謳う
9月の新しい風と手を携えて
9月の新しい陽光に励まされて

貴女は9月の大空に
貴女自身の生を刻む
貴女の生命の調べを刻む

2006年9月7日

2006.09.24 | | Comments(1) | Trackback(0) | 姉を綴る

木の葉の語らい

黄色い葉、赤紫の葉
きれいなお家を作りましょう
お屋根もカラフルに

小鳥さんが一休みできる
お庭もを作りましょう

いたずら小僧のそよかぜさんが
エィ

10枚もの葉っぱがヒラーリ
アレレ

お家や広場のプランナーの
お友達が水辺に浮かんでら!

2003年11月15日

2006.09.22 | | Comments(4) | Trackback(0) | 秋を綴る(11月)

菜の花の微笑み(3)

菜の花が微笑む
ライトグリーンの袴に身を包んで

クリームイエローの色調の糸を紡いで
落ち着いたライトイエローの絵具を添える

糸を織り上げるのは
春のそよかぜ
絵筆を握るのは
柔和な陽光

菜の花を囲んで
新しいランドセルを背にした
童たちのコミュニケーション

青空を見据えて
菜の花と微風と陽光の三重奏

2004年4月3日

2006.09.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 春を綴る(4月)

蕾の微笑み

蕾が微笑む

自然の妖精が
雨粒を拾って筆を湿らせ
微風が春の彩りを運ぶ

自然の妖精が
淡い淡い黄色に色を重ねる
花弁に色合いを添える
陽光が濃淡を添える

恋する乙女の
恥じらいの
凛とした
不安がいっぱいの
歓喜あふれる
俯きかげんの

注文の多い蕾の行列
そよかぜも
陽光も
てんてこ舞い

迷い込んだモンシロチョウが
テープカット

動じることなく
さぁ、
妖精に肩をノックされて

蕾は開く

2004年4月11日

2006.09.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 春を綴る(4月)

そよかぜ

そよかぜが
満面の笑顔で
指のウォーミングアップ

そよかぜが
恥じらいの顔付きで
花弁をノック
ピアノの鍵盤を弾くように
桜の花弁がにっこり
そよかぜと花弁のアイコンタクト

そよかぜが
寝ぼけ眼の蕾をノック
ピアノの鍵盤にソフトタッチ
蕾は赤面して
躯を緩め
心の準備
深い深い息使い

そよかぜが
舞い踊る紋白蝶とハイタッチ
勢い余ってピアノの鍵盤にステップ
花弁もしっかり自己表現
口元を緩め
春を詠う


2004年4月25日

2006.09.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 春を綴る(4月)

陽光

微風が陽光を招き入れ

白と黒の鍵盤を

おっかなびっくり

踏みしめる

陽光は

スロースロー

ステップ

陽光は

ステップ

スロースロー

微風があつらえた

若葉の香を楽しむ

陽光はご満悦

2004年4月5日

2006.09.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 春を綴る(4月)

鳩よ飛べ

  鳩よ飛べ

平和の使者として
憲法9条を口に啄んで
微笑むオリーブの葉
     
平和を愛し
命の輝きを愛おしむ
人間の尊厳を慈しむ
日本人の願いを
しっかり背にしょって

キラキラ輝く波よ
平和の語り部として
憲法9条をしっかり
波粒に託して
         
キラキラ微笑む陽光よ
平和の使者として
憲法9条をしっかり握って
光の粒に託して
世界に届けておくれ

こころ優しいそよかぜさん
平和の使者として
憲法9条をしっかり握って
届けておくれ
世界中に届けておくれ

命の輝きを愛おしむ
人間の尊厳を慈しむ
日本人の想いを背にしょって

地球上の
平和を愛し
命の輝きを愛おしむ
人間の尊厳を確認する
日本人の想いを背にしょって


2004年7月12日

2006.09.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 平和への願い

菜の花の微笑み(2)

春のそよかぜが深呼吸
菜の花は微笑む
花弁の香りを
そよかぜはさらりとすくって
春空にポイ

小鳥たちがナイスキャッチ
群れをなして
大空に舞う

心優しい陽光は
春の香りを
天上の00さんへと
雲に託す

地上に顔を出した
土筆たち

春のそよかぜは
巧みに花弁の香りの足跡を
大空に淡い黄色で描く

土筆は嬉々として
大空を見上げる

2005年4月2日

2006.09.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 春を綴る(4月)

瞳輝く

瞳がキラキラ
赤信号を見据える姉妹たち
早く渡りたいと
足がムズムズ
中腰になって信号を見守る
童たち

信号が変わり
そよかぜが合図して
駆け出す童たち

2005年4月4日

2006.09.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 春を綴る(4月)

菜の花の微笑み(1)

菜の花が微笑む
一時の雨は枯れた花弁へのお別れのメッセージ
今日からは私と
満面に笑みをたたえて咲き誇る
明日は私
明後日は私
来週は私と
心待ちする菜の花たち
3月から4月へと
花弁のバトンタッチ
陽光とのにこやかなコミュ
そよかぜとのコミュ
生命の大合唱

2005年4月20日

2006.09.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 春を綴る(4月)

新緑

そよかぜが新緑の葉を撫でる
バイオリオンの弦が奏でるように

童たちの笑い声
ニッコリ微笑む陽光

さえずる小鳥たち
童たちの話し声
そっと耳を傾けるそよかぜ

新緑の葉を撫でるそよかぜ
初夏の速達便を添えて 

2005年5月17日

2006.09.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 夏を綴る(5月)

夏のスケッチ

頭を垂れた稲穂、飛び跳ねる陽光の粒
絵になりそうなのでスケッチしました。
稚作ですが・・・・・。

夏空をバックに
陽光がキラキラ弾ける
そよかぜと手を携えて
陽光の粒が舞い降りるように
頭を垂れる緑の稲穂にご挨拶
共感のメッセージを光りの粒に束ねて

地上の生気をわがものにした稲穂が
その思いを陽光の粒に託す
そよかぜは光の粒を打ち上げる
ジリジリジリ
蝉が囁く歌声にのせて
ジージージージー

2005年7月29日

2006.09.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 夏を綴る(7月)

«  | HOME |  »

プロフィール

四季

Author:四季
ご訪問いただき有り難うございます。拙い習作を重ねております。コメント等いただければ幸いです。
なお当ブログに相応しくないコメントは管理人の判断で削除させていただきますのでご了承下さい。サイト内の作品の著作権は、製作者と管理人@四季にあります。転載などはご遠慮ください。

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。