スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

野からのメッセージ(2)

野に咲く小花たちよ
貴女の名前がわかれば
そっと声かけがしたい

野に立つ木々たちよ
貴方の名前がわかれば
そっと声かけをしたい

野にある草たちよ
あなたの名前がわかれば
そっと声かけしたい

四季折々の生命の調べを奏でて
私たちに何かを伝えようとしているから

そよかぜと手を携えて
生命のメッセージを発する
あなたたちだから

小花たちよ、木々たちよ、そして草たちよ
あなたがたの名前がわかれば

もっともっと声かけをしたい
より自然体で
より緊張したり

もっとリラックスしたり
もっと愛着を込めて
言葉をかけられるだろうに

あなたがたからのレスポンスに
心が洗われて
もっともっと生き生きとした自分に出会えるだろうから

2007年8月31日改作

スポンサーサイト

2007.08.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | 2007年8月を綴る

稲刈りのスケッチ

稲刈りの風景、様変わりしたけれど・・・・・・・・

黄金色の稲穂のカーペットに
パラソル付きのコンバインが足を伸ばす
稲穂がすそ刈のように切り取られる
ふんわりと白鳥(しらとり)が舞い降りる

稲穂が去った大地は
コンバインが踏み占めた
黄色と焦げ茶の層をなすカステラみたい
稲穂が想いを綴ったスケッチブック

勢いを失くした入道雲が秋空に
白鳥(しらとり)がゆったりと舞う
烏(からす)は餌を探してキョロリキョロリ

2007年8月31日

2007.08.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | 2007年8月を綴る

野からのメッセージ

野に咲く小花たちよ
貴女の名前がわかれば
そっと声かけをしたい

野に立つ木々たちよ
貴方の名前がわかれば
そっと声かけをしたい

野にある草たちよ
あなたの名前がわかれば
そっと声かけしたい

四季折々の生命の調べを奏でて
私たちに何かを伝えようとしているから

そよかぜと手を携えて
生命のメッセージを発する

2007年8月29日

2007.08.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 2007年8月を綴る

百合は奏でる

駐車場といっても猫の額ほどであるが百合の花がやっと咲いた。もう一輪も蕾を緩めている。種を蒔いたわけでもない。心優しいそよかぜが届けてくれたのであろう。

百合の花弁がそよかぜに囁く
あなたの想いを咲かせましたよ
埃が被ったら撫でて吹き流してくださいよ
花弁にも櫛をいれてくださってありがとう

さぁ今日こそ
生命の調べを奏でましょう
さぁ今日こそ
生命の調べを共演しましょう

秋の速達便で
あなたの背中のバッグははちきれそうだけど

いつか教えてね
わたしのパパとママのいどころをね!
きっときっとね!

2007年8月27日

2007.08.27 | | Comments(2) | Trackback(0) | 2007年8月を綴る

百合の花弁

野原から顔をもたげる百合の花弁
秋の速達便に返答しているのか
今日も陽光ははしゃいでいたよと

道路ににょっきりと顔を出す百合の微笑み
熱中症の路面を撫でる低空飛行のそよかぜ
暑さを掻い潜って

雲間からそっと駆け下りる
心優しい雲片の数々
断熱材を装って

2007.08.17 | | Comments(2) | Trackback(0) | 2007年8月を綴る

白鳥(しらとり)

白鳥(しらとり)が舞う
青空を駆けるように
稲穂の滑走路から飛び立つ

路面からカラスが舞う
急接近の車にたじろいで
里山に別れを告げて

2007年8月17日

2007.08.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | 2007年8月を綴る

閃光

一瞬の閃光
人間が人間でなくなった日
何の罪があったのだろうか
否である

広島で
長崎で
ノーモア広島
ノーモア長崎
核廃絶の歌声が
8月の大空にこだます

命の輝きを願う歌声
核廃絶の願いは
今日もこだます

2007年8月13日

2007.08.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | 平和への願い

生命の調べ

8月の風が奏でる生命の調べ
トンボが羽を揺らして風の弦を撫でる
蝉が秋の速達便に感じ入って奏でる調べ
道端の野花は凛として陽光に夏の思い出を伝える

貴女の宿す生命は
貴女を一目みたいと今日も躍動する
そして一日も早く新しい世界の扉をあけたいと
あらん限り生命力で胎盤を打つ
自然界の調べとの共演を待ちきれずに

2007年8月8日

2007.08.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 真摯な生の営みを重ねる

大空に弾ける

竹林がそよかぜと奏でる
8月の調べを
傍に佇む草木を誘って

遠くに聞こえる蝉の大合唱
大空に弾ける
キリキリキリキリキリキリ
天空に舞い踊る

2007年8月3日

2007.08.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 2007年8月を綴る

傷ついた鳩

傷ついた鳩
若きアスリートへ

痛みがあるときは羽を休めればいい
ゆったりとゆったりと
ゆっくりとゆっくりと

大きく羽ばたく日々まで
大空に羽ばたく日々まで

傷が癒える日を願って
2007年8月3日

2007.08.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 若きアスリートへ

2007年8月1日午後10時57分

油蝉が鳴いています

カーテンに隠れて



カリ

カラリ

カラ

キキキ



油蝉さんの瞳は見えないけれど

夏空を見上げながら

陽光はもうお休みだけれど



























2007年8月1日午後10時57分

蝉の調べが流れる





カラ

カラ

カラ

カラ

キリ

キリ

キリ

キリ


蝉の調べが途切れずに流れる

カラ

カラ

カラ

キリ

キリ

キリ

カナ

カナ

キリ

キリ

キリ


好きなだけ鳴いてもいいんだよ

誰にも邪魔させないからね

ゆっくり

ゆっくりとね

思う存分ね

2007.08.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | 2007年8月を綴る

«  | HOME |  »

プロフィール

四季

Author:四季
ご訪問いただき有り難うございます。拙い習作を重ねております。コメント等いただければ幸いです。
なお当ブログに相応しくないコメントは管理人の判断で削除させていただきますのでご了承下さい。サイト内の作品の著作権は、製作者と管理人@四季にあります。転載などはご遠慮ください。

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。