スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

沖縄は基地を拒否する

熱い想い
平和を希求する想い
基地を取り囲む人々
手と手が結び合わせる想いはひとつ

沖縄は基地を拒否する

老若男女の想いは重なり
老若男女の思いは響きあう」
手と手が結び合わせる想いはひとつ

沖縄は基地を拒否する

ジュゴンが笑い踊り
珊瑚が澄みきった海に笑いころげる
多様性を誇る生き物たちの誇り
海鳥の大飛翔
波しぶきの大音響

今日も波粒はキラキラと輝き
海中の生き物はわれこそ主人公という調べを謳いあげる

2010年6月6日

スポンサーサイト

2010.10.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 平和への願い

「生命を生み出す母親は 生命を育て 生命を守ることをのぞみます!」によせて


今日(きょう)
2010年6月6日
この地に

駆けつける人々は
想いをひとつひとつ重ねる
想いをひとつひとつ響かせあう
そして想いは重なりあい、響きあい
ここに想いは大きく大きく花開く

その想いはまっとうであるからこそ
人間の表情たっぷりの花開く

想いがいっぱい托された花の香は
6月の風に運ばれて
6月の優しさいっぱいの風に運ばれて
喜び勇んで澄みきった青空に舞う
にこにこのとびっきりの笑顔で

大空には初夏を先導するような雲
大空には初夏を誘うような陽光

こどもたちの笑顔を願う想い
こどもたちが腹を抱えて笑う笑顔
こどもたちの希望や夢を励ます想い
希望や夢が叶うといいね
こどもたちの心が揺れる、不安そうなとき
大丈夫だよと寄り添う想い

今日の日本の礎を築き上げてきた
額に汗し、築き上げてきた高齢者の方がたの
その頑張りぶりを心から讃える想い
そのおひとりおひとりの命(いのち)輝くことを願う想い
そのおひとりおひとりの笑顔や
ひょうきんな笑顔に影をおとす
後期高齢者医療制度の廃止を願う想い
憲法第25条に共感する想い
「すべての国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」

「戦争はいかん」という想い
戦争は命(いのち)を蹂躙することを
国家(こっか)が認めることだという想い
憲法第9条を大切にしようという想い
戦争の放棄、戦力の不保持・交戦権の否認

核兵器の廃絶を願う想い
地球上から核兵器を廃絶しようという想い
第3の「ひろしま」「ながさき」は許すまじという想い

日本という独立国家に外国の軍事基地は要らないという想い
普天間の基地を撤去しようという想い
辺古野には基地を作らせないという熱い想い

初夏の便りがまたひとつ
小鳥が和やかな調べを奏でる
仲間に入れてって
キリギリスの甲高い音色が空に向かって響く

2010年6月6日

2010.10.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 平和への願い

ママ、精一杯生きるよ

ママ、
ママはね
僕がお腹の中にいたときも
僕がスイングすると
ママはそっとお腹に触って
想いを添えてくれたね
パパとママが飛びっきりの笑顔で
お話してたの聴いていたんだよ

パパってどんな顔してるのって
ママってどんな顔してるのって
笑い声から想像してたんだよ
優しそうな声だったので安心してたよ

そしてお母さんのお腹から飛び出した時
おお泣きしたとき
お母さんに会えると思うと大感激
お父さんに会えると思うと感極まって
大声だしました

お母さんの顔はまだぼんやりしてたよ
お父さんの顔もまだぼんやりしてたよ

でもね今ははっきり見えるんだよ
でもね今ははっきり見えるんだよ

あたりまえだよね
あたりまえだよね

僕ももうじき2歳だものね
僕ももうじき2歳だものね

きれいなお花もみえるし
にぎやかな小鳥の声もきこえるし
大きなお空も見えるし
夜になると星もみえるし
さわやかな風もかんじられるし

僕もママとパパと出会えて
お話いっぱいしてもらえて
ぎゅっと抱っこしてもらって
嬉しいです

でも最近は一緒に歩くことが多くなりましたね
でも最近はママの手をぎゅっと握って
でも最近はパパの手をぎゅっと握って
僕の想いを伝えようとしています
僕の想いを伝えようとしています

ママの手をぎゅっと握ると
パパの手をぎゅっと握ると
ママもパパもぎゅっと握りかえしてくれるのだもの
やんわりとやんわりと握りかえしてくれるのだもの

僕の想いをこれからも
僕の想いをこれからも
伝えたいと思うのです
伝えたいと思うのです

もう少し大きくなったら
僕は
僕の想いを
僕の想いを
ママやパパにお話したいと思うの
楽しみにしていてくださいね

2010.10.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 真摯な生の営みを重ねる

«  | HOME |  »

プロフィール

四季

Author:四季
ご訪問いただき有り難うございます。拙い習作を重ねております。コメント等いただければ幸いです。
なお当ブログに相応しくないコメントは管理人の判断で削除させていただきますのでご了承下さい。サイト内の作品の著作権は、製作者と管理人@四季にあります。転載などはご遠慮ください。

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。