スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

貴女の想いは真っ当である

貴女の想いは真っ当である



貴女が合唱団の構成員への理不尽さに憤り

先頭に立って言の葉を口にした



ステージに立ち歌声を響かせるために

数々の血の出るような努力をされる団員のいることを

先頭に立って言の葉を紡いだ



貴女の想いは真っ当である

合唱と言う音楽の形式に集う人々はもちろん

日本の映像文化の礎を今日も身を粉にして奮闘する人々への

強烈な連帯のメッセージ



貴女の言の葉は

4月12日の勝訴という大輪の花を咲かせた

戦いの日々に想いを束ねられ

その想いを歌声に托されてきた

貴女は身体を震わせて

その想いを歌声として響かせた



勝訴判決に小躍りする仲間と共に

勝訴判決を支えてくれた人々と共に



貴女は言の葉を紡ぎ

貴女の想いを蕾にし

貴女の想いを花弁にする



貴女の歌声は今日も花開く

貴女の背を押す仲間たちの想い

貴女の歌声は伸びやかに伸びやかに

春風と共に

貴女の歌声は大ジャンプ

スポンサーサイト

2011.05.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | supporter

To you

貴女の言葉がけに
にっこり微笑む人がいる
それは若かりしころの自分を重ねているからだろう

貴女の紙細工に
にっこりと胸をときめかす人がいる
それは幼いころ苦労して折り紙を折った自分を思い出しているからだろう

貴女の手作りの料理に
にっこりと安堵して胸に手を合わせる人がいる
それは好きな人がいて自慢の手料理を食べさせてあげようと心ときめかしたころを思い出しているからだろう

貴女の紡ぐ言の葉のひとつひとつは
とびっきり優しいのだ

3月の風が桜の蕾を緩ませるように
貴女の言の葉はかっての乙女心を揉み解す

3月の陽光が菜の花の花弁をそっと開かせたように
貴女の言の葉はかっての乙女心を彷彿とさせる


その優しさを積み重ねて
その寛大さを響あわせて

彼との愛を育んだのでしょう
彼との愛を紡ぎあわせたのでしょう

そして想いを重ねて
そして想いを響き合わせて
おふたりの愛は春風に押されて

今、貴女の胎内から飛び出そうとしている
慌てないでよと
待っててと
貴女は優しく手を差し伸べるけれど

おふたりの愛の結晶は
貴女の胎盤をキーボードにしてしまう

キーボードを駆けて駆けて飛び跳ねて
もう待てませんと

貴女の胎盤を舞いに舞う
貴女の胎盤を舞い踊る

2011年4月29日



2011.05.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | to you

«  | HOME |  »

プロフィール

四季

Author:四季
ご訪問いただき有り難うございます。拙い習作を重ねております。コメント等いただければ幸いです。
なお当ブログに相応しくないコメントは管理人の判断で削除させていただきますのでご了承下さい。サイト内の作品の著作権は、製作者と管理人@四季にあります。転載などはご遠慮ください。

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。