スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

クリスチナ・ロセッティのこと

最近本屋でクリスチナ・ロセッティ詩抄を見つけた!入江直祐訳(岩波文庫)読み始めているがみなさんにも是非にという名著である。読み進めているうちに金子みすずさんの作品が目に浮かんできた。ロセッティと言えば研究社から出版されている SING-SONG A NURSERY RHYME BOOK By CHRISTINA ROSSETTI ロセッティ童謡集 大原三八雄訳註 がある。英文と和文が仲良く座っているので、辞書を片手に読み進めていた。こんな訳も出来るのかと、試訳とはえらい違いだと思った。当たり前だと思いながら・・・・・・。私と詩の出会いは英詩を日本語に変えることから始まっている。横着にも翻訳とは言えない。当時は自分が詩を綴ろうなんて思ってもみなかった。今日は文化の日である。日本の文化って考えてみる必要がある。「命を慈しみ、命の輝きを願う」これが文化の根っこだと思う。

スポンサーサイト

2006.11.03 | | Comments(1) | Trackback(1) | 愛する詩集

コメント

はじめまして

四季さん、こんにちは。
以前、メッセージをいただいた者です。
BBSがありませんでしたので、こちらに書き込みさせていただきます。(ブログと内容違いで失礼致します)

お姉さんの介護をされているのは本当に大変ですね。
病棟で勤務していた頃、家族の方の懸命の介護には頭が下がる思いでした。
看護は患者さんはもちろん、患者さんの家族も対象者なのですが、いつもご家族に助けられていました。
またいつか、看護師として働ける日が来るように努力したいと思っています。

さらら

2006-11-05 日 00:35:03 | URL | さらら #2XSBY3AU [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://deafeng.blog75.fc2.com/tb.php/177-d4b52b5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レンブラント (アート・ライブラリー)

レンブラント (アート・ライブラリー)・ROSSETTI ロセッティ RO-004G シリーズ【ROSSETTI】 ロセッティ ...・夕・わたしのロセッティ・私の直前の前世 (189) ロセッティの描いたアイリスの花・ロセッティ・ダンテ・ガブリエル・ロセッティ・「ウィリアム・モリスとその

2007.10.03 | のあの日記

«  | HOME |  »

プロフィール

四季

Author:四季
ご訪問いただき有り難うございます。拙い習作を重ねております。コメント等いただければ幸いです。
なお当ブログに相応しくないコメントは管理人の判断で削除させていただきますのでご了承下さい。サイト内の作品の著作権は、製作者と管理人@四季にあります。転載などはご遠慮ください。

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。