スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

The Songs of Hiroshima

The Songs of Hiroshima AN ANTHOLOGY
広島のうた 春陽社出版
Edited and Translated by MIYAO OHARA
with A preface by SHINZO HAMAI

私が初めて広島の地に足を踏み入れたのは中学校の修学旅行だった。
こんなことが許されていいのか、人間の手によって行われていいも
のか、生ある人間への冒涜だと感じた。

数回訪れた原爆資料館で外国人にインタビューをして、スケッチブックに感想を綴ってもらった。すべての人が快くペンを握って綴ってくれた。中には連絡先まで記された方もみえた。上記の詩集はそのとき購入したものだ。

資料館の傍の碑に次のように刻印されていた
「戦争は人間がひきおこすものである。戦争は人間の手で終結される。」

2007年7月11日



スポンサーサイト

2007.07.12 | | Comments(1) | Trackback(0) | 平和への願い

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2007-11-18 日 16:31:02 | | # [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

四季

Author:四季
ご訪問いただき有り難うございます。拙い習作を重ねております。コメント等いただければ幸いです。
なお当ブログに相応しくないコメントは管理人の判断で削除させていただきますのでご了承下さい。サイト内の作品の著作権は、製作者と管理人@四季にあります。転載などはご遠慮ください。

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。