スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

同僚へ 産休に入られる

 初夏の速達便が届く頃
 生命(いのち)の調べは
 今日も逞しい

 貴女と出会える日を心待ちにして
 ママと出会える日を心待ちにして
 今日も母胎の鼓を打つ

 初夏の大空を夢見て
 貴女に抱かれる日々を頭に描いて



 貴女の言葉掛けは優しい
 陽光が小花に囁きかけるように
 
 貴女の配意は心優しい
 額に汗する人を拭うそよかぜのように

 利用者さんのハートに
 優しさの蕾を植え込み続ける

 きっときっと花咲く
 貴女と利用者さんの想いの
 生命(いのち)の二重奏

 今日も流れる二重奏の調べ
 きらきらと輝く生命(いのち)の調べ
 

2010.05.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | お祝い

祝 新生活

新生活におめでとうの拍手

雨粒がポタポタと
雨粒がシトシトと
5月の調べを奏でています

共演のパートナーは
風の粒の空気だったり
川面に漂う光だったり
海辺に調べを綴る波粒だったり

5月を彩る季節の調べが
貴女に届いていますか

名も無き小花たちが
名も無き草たちが
5月の調べを奏でます

貴女の門出に
5月の風がジャンプです
小花たちの想いが
草たちの想いが

貴女と彼のにっこりスマイルに
届いていますか

幸せな日々の調べを
カレンダーに刻印してください

おめでとう

2010年5月10日 そよかぜ

2010.05.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 真摯な生の営みを重ねる

豆からママへ、まだ見ぬママへ

ママへ、もうじきあえるママへ

このごろダイナミックな動きでしょ
いつも吃驚させてごめんないね
でももうじっとしていられないのです

ママがねお姉様と散歩されるでしょ
春が来たんですね
菜の花の香りからタンポポへ
生命(いのち)は確実にバトンタッチされたと
ママとお姉様の嬉々としたお話に耳を傾けていますよ

新しい世界って・・・・・
タンポポの花って・・・・
うすらっと見えるんですが
はっきりは見えないので
想像しています

ママの声も嬉しいのですが
お姉様の声、弾んでいるようで
とっても爽やかで、とってもお元気そうです
それにね
今まで分からなかったのだけれど
ママのママの声も
パパの声もね

少し耳も聞こえるようになってきたのでね
ママに会えるの楽しみにしています

ぎゅっと抱っこしてくださいね

2010年4月7日 そよかぜ


2010.04.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | 真摯な生の営みを重ねる

土筆の想い 

ぼくは頭をキョロットさせて
見渡した
真っ青な空が目に入った

ぼくが今から生きる新しい世界だ
新しい世界だ
待ちに待った世界だ
ドキドキ緊張しちゃうな

でも陽光が頬を撫でなでしてくれた
そよかぜがチョコント出した額を拭ってくれた

さぁ、いらっしゃい
ほんわかと春風が祝福してくれた
ほんわかと春風が背を押してくれた

2010.04.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | 2010年4月を謳う

優しいサンタさん

奏さんへのクリスマスプレゼント

よちよちよちよち
ちょこちょこ
サンタクロースさんが来たみたい

よちよちよちよち
ちょこちょこ
サンタクロースが来たみたい

よちよちよち
ちょこちょこ
サンタクロースがやってきた

にっこりにっこり
よちよちよち
ちょこちょこ
あんよをうまく動かして
あんよをうまく動かして

白い帽子が良く似合って
可愛いおててを動かして
可愛いおててを動かして

ツリーの飾りを手にとって
ツリーの飾りを持ち上げて

びっくりしたのか
飾りが飛び跳ねて
クルリンクルリンクルリン

あなたは優しいやさしいサンタさん
あなたは優しいサンタさん

飾りを手に取って
しっかりしっかり目に寄せて
飾りを手に取って
元のツリーに戻してくれた
元のツリーに戻してくれた

緑の鈴も喜んだ
サンタさんが手に取って
僕を
僕を
手に取って
大感激

笑いのお花が咲きました
にっこりにっこりにっこり
にっこりにっこり
にっこりりん
にっこりりん

ご飯さんの茶碗も飛び上がり
湯呑みのお茶もどっきりどっきり
おかずさんもそれはそれはにこにこ

テーブルはおわらいとスマイルの舞台になりました


本物のサンタクロースが慌ててた

2010.02.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | 2009年12月を綴る

まだ見ぬママへ

ママ、ちょっと気が早いですがお手紙です。
家の近くに菜の花がさいていませんか?
ママが呼吸するたびに香りが僕の鼻をぴくぴくさせます。
僕も菜の花の香りが好きになりました。
それで鼻がぴくぴくするたびに
ママに信号を送っています。
気が付きましたか?

僕がママに出会うときには菜の花はまだ咲いていますか?
菜の花のお話をいっぱいいっぱい聴かせてくださいね!

ママが見るもの、聴くもの、僕に伝わってきます。
ママにはお姉さまもいるのでしょ!
ママがお姉さまに話しかけるの
僕も聴いています。
僕はママにも会いたいですが、
僕はママのお姉さまにも会いたいです。

またお便りします。字が書けないので
体をあちこちキックします。
ではおやすみなさい。


2010.02.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | 真摯な生の営みを重ねる

路面・・冬空

車が走る
キューンキューン
スーユ
風を切る

右の側道を
車椅子の青年がぎゅっとぎゅっとグリップを握る
力強く風を切って

左の側道を
逆方向に
初老の男性が杖をついて歩を重ねる
陽光が頬を照らす

空を突き抜けるような鉄塔の周りを
電線をかすめるように
弧を描きながら滑空する灰色の鳥たち
一羽の白鳥(しらとり)はヒラーット
畑に軟着陸

2010.02.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | 2010年2月を綴る

学校帰りの童たち

学校帰りの童たち

ガソリンスタンドの敷地で
脚を振り上げ
足を曲げたり
伸ばしたり 
瞳がきらきら

童は何を想う
ブルーのマフラーは目が回る


陽光が差し込むアスファルトの路面
前を進む友達を見たり
後ろの友を振り返ったり
瞳がキラキラ

童は何を想う
黄色いマフラーがよく似合う

21世紀を駆ける童たち

2010.02.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | 2010年2月を綴る

美(ちゅ)ら海はわたしたちの宝

美(ちゅ)ら海はわたしたちの宝

珊瑚礁に戯れる魚たちの群れ
泳ぎ回るのはわたしたちだけでじゅうぶん
珊瑚礁はわたしたち魚と海藻の舞踏会の場
生命(いのち)を汚す鉄の船はもうけっこう

青い海に戯れる鳥たちの群れ
それぞれの想いを込めて舞い踊る
舞い踊るのはわたしたちだけでじゅうぶん
青い海はわたしたち鳥と陽光の舞踏会の場
血を流す鉄の飛行体はもうけっこう

沖縄の海に戦火は似合わない
沖縄の地に銃口はそぐわない

帰ってもらおう
軍服を身につけるひとには
帰ってもらおう
軍靴で大地を踏みつけるひとには

美(ちゅ)ら海はわたしたちの宝

2010年1月22日

2010.02.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | 平和への願い

2010  謹賀新年

謹賀新年

新春の風が待ち切れずに
扉を歓喜の想いで撫でる
待ってましたと
陽光も手を添えて
七色の絵筆で大空を撫でる

真っ青な大空に描き上げられる
そよかぜと陽光の自然賛歌の舞
生命(いのち)の調べを奏でる

青い地球は生命揺籃の地
戦火の血は馴染まぬ
一滴たりとも

2010.01.22 | | Comments(1) | Trackback(0) | 2010年1月を綴る

生命(いのち)の調べを

コスモスが柔和な陽光を浴びて
花弁の一枚一枚に想いを託す
季節の彩りを花弁に添えようと

貴女に見てもらって
生の営みを一緒に重ねたいからと

コスモスが爽やかなそよ風に囁かれて
上機嫌に微笑む
数枚の花弁にゆったり優しさを添える
残りの花弁に緊張感を忍ばせる

貴女と手を携えて
生命(いのち)の調べを奏でたいからと

そよかぜは花弁を撫で
自由奔放に季節の調べを奏でる
数オクターブの弦を弾き語らって


貴女は

今日も凛として
二年間の歳月を
不安と歓喜の想いを編みつなぎ
生命(いのち)のメロディを響かせ

貴女は

今日も凛として
生命(いのち)の輝きを紡ぎ
真摯に生の営みを重ねる

貴女の重ねる一歩一歩を
陽光とそよかぜが大地に刻印する

響け
ひびけ
響け、響け
ひびけ、ひびけ、

響きあえ、響きあえ
生命(いのち)の調べの共演
コスモス、そよかぜ、しらゆりさんの共同の調べ

生命(いのち)の調べの共演
今日も、今日も響き渡る
生命(いのち)の調べ

2009年10月28日

2009.10.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 真摯な生の営みを重ねる

生命(いのち)の発芽

貴女に宿った生命(いのち)の発芽は刻一刻
母胎に調べを奏でる

きらきらと輝く波粒が砂浜に寄せ
海岸の貝殻を洗い清めるように

貴女に宿った新生命は心地良く
貴女が日々感じとるものをわが事のように嬉々として受け取り
まだ見ぬ新世界への夢と希望をふくらませる

2009年10月18日

2009.10.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 命への讃歌

雨粒がノック

あんな怖い顔した雲さんが
今日はにっこり笑顔

あんなこわいかおしたくもさんが
きょうはにっこりえがお

あんなニコニコ顔の太陽が
どこかに隠れん坊していたのに
今日は優しい笑顔

あんなにこにこがおのたいようが
どこかにかくれんぼうしていたのに
きょうはやさしいえがお

あんなに叫んでいた風さんが
今日は優しく囁く

あんなにさけんでいたかぜさんが
きょうはやさしくささやく

雨粒がノックして蕾が緩み
黄色い傘
ピンクのかさ
青色の傘
高低さのある里山が連なるように
童たちが握る

傘は踊る
上下動
回転運動
傘と雨粒の奏でる調べに
童たちの心地良いステップ


若夫婦が生命(いのち)の調べを重ねる

旦那さんは乳母車にお子さんを乗せて
にこにこと口ずさむ
奥さんはおさな子と手を重ね合わせて
いっぽいっぽ歩を重ねる

母と手を繋ぐお姉さんが
乳母車の妹さんを気遣う

2009.10.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 2009年10月を綴る

台風一過

心ならずも声高に吠えた波粒も
今日は優しさの蕾をふくらます

生命(いのち)を紡ぎ
生命(いのち)を育む

陽光とそよかぜの共演に
波粒も仲間入り

2009.10.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 2009年10月を綴る

貴方の調べ

あなたが奏でる生命(いのち)の調べに
お子さんたちはにっこりとした顔つきで聴き入る
花弁に寄り添う蝶たちのように

あなたの口元が揺らぐたびに
お子さんたちは神妙になって耳を欹てる
木々の実を啄ばむ小鳥たちのように

あなたの息遣いが速くなると
お子さんたちはあなたの手に
自分たちのそれを重ね合わせる
紅葉の葉っぱが路面を彩るように

あなたが奏でる生命(いのち)のメロディは
タイムスリップして苦笑いの10月の風と
今日も共演する

2009年9月26日

2009.09.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 真摯な生の営みを重ねる

祝退院 しらゆりさんへ


「お大事に」
看護師さんたちの言の葉の数々が背を押した
貴女は満面の笑顔で応えた
「お世話になりました」

9月の秋風が湖面に囁くと
真っ青な水滴が飛び跳ね
大きな文字を綴った
「退院おめでとう」

貴女は小躍りして
白鳥(しらとり)のようなステップを踏んで
生命(いのち)の調べを奏でた

白百合が咲き誇り
すすきが勢いをます野原に
貴女は足を踏み入れる

小花たちは花粉を花束にあしらえて
貴女に手渡す
「お帰りなさい」

遠くから響く子どもたちの声
「お母さん、元気そうだね」
「よかったね、よかったね」

2009.09.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 真摯な生の営みを重ねる

TOMOさんへ

TOMOさんへ

2009年9月17日29歳

貴方は「生きる」ことを確認した

そよかぜは窓辺のカーテンを揺らしながら
貴方を祝福しています。

陽光はこっそりと貴方に寄り添い
貴方の息づかいに耳を欹てています

貴方の奏でる生命(いのち)の調べ
貴方がご家族と奏でる生活の調べ
貴方がサポーターと奏でる調べ

そして
今日からまた一歩一歩
生を重ねることを心新たにされた


貴方が踏みしめる一歩
貴方を支えるご家族の一歩
貴方を支える方たちを励ます一歩

今日も
貴方の一歩のお傍には
共感する方たちの微笑みが花開く

2009年9月22日 四季


2009.09.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | TOMOさんとTOMOおかあさんへ

生命(いのち))の調べ

真っ青な大空に
陽光がキラキラと輝く
優しさいっぱいのそよかぜがにっこりとほほ笑む

陽光とそよかぜが重なり合い
それぞれの想いを束ねる

生命(いのち)の輝きを願う
生命(いのち)の尊厳を謳う

陽光とそよかぜの調べの共演
澄みきった秋空に

生命(いのち)の輝きを願う
生命(いのち)の尊厳を謳う

共演の調べの五線譜が舞う





2009.09.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | 真摯な生の営みを重ねる

荘厳な一歩 ちひろさんご夫婦に寄せて

ちろろさんが口元を緩める
旦那氏もスマイルたっぷりに目を細める
交わされる言の葉に

盛夏の陽光も
さっとお二人に寄り添い
耳を欹てる

輝く稲穂の波は
若きトンボたちの滑空の練習場
羽には秋の速達便がびっしり

ちひろさんが旦那氏を見初めたころ
そのつぶらな瞳の輝きを
旦那氏は今も忘れず

旦那氏がちひろさんの想いを受け止めたとき
胸いっぱいの嬉しさの
その嬉々とした顔つきを
ちひろさんは今も忘れじ

今日もまた
おふたりの交わす言の葉は
今日もまた
おふたりの交わす言の葉は

ゆったりとゆったりと
初秋を告げる夏風に乗る

おふたりは
おふたりは
今日、生あることを喜び

言の葉をゆったりとゆったりと
重ね合わせる

明日もしっかりと生きようねと
手を重ねて
陽光を仰ぐ
青空を仰ぐ

おふたりは想いを
重ね合わせるように
今日も生を重ねる

おふたりは
今日も大地を踏む
しっかりとしっかりと
今日も大地を踏む

明日を生き抜く
荘厳な一歩

2009.09.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | 真摯な生の営みを重ねる

シャッターに想いを託して

キキョウさん、
白のカラーさん、
まつばぼたんさん

私は想いを寄せる
貴女がたの花弁のひとつひとつに

貴女がたが
蕾の口元を緩めて
生命(いのち)の調べを奏でるとき

貴女がたの生命(いのち)の輝きを
レンズの力をたよりにして
貴女がたの生命(いのち)の雫の一滴、一滴を
レンズの力をたよりにして

貴女がたの生命(いのち)の輝きを
貴女がたの生命(いのち)の尊厳を
8月のカレンダーに刻印する


貴女がたが
雨粒に語りかけるとき
貴女がたが
凛として陽光に微笑みかけるとき
貴女がたが
心優しいそよかぜに耳を欹てるとき

貴女がたと自然の調べとの共演を
私は胸を弾ませ
ハートに刻む


私は生命(いのち)の限り
私の生命(いのち)の調べと共演させて
私はシャッターに想い託した

2009.08.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | 真摯な生の営みを重ねる

たぬおばさんと青アザミの出会いを祝して

青アザミはゆったりと花弁を開く
そよ風は花弁に寄り添い
カナブンは羽を広げ舞躍る
モンキチョウは燐粉を振り注ぐ
ひとつひとつの調べは
季節の調べを織りなす

青あざみが生を重ねる空間は
生命(いのち)の調べの大舞台

真っ青な稲穂が揺れる
バックミュージックに頷きながら
青アザミは今日も高らかに謳う

稲穂が揺れる
バックミュージックに頷きながら
青アザミは今日も高らかに謳う

バックミュージックに頷きながら
青アザミは今日も高らかに謳う

風光る
風走る
夏の日に

青アザミは今日も謳う
生命(いのち)の調べを
共演者の想いに心砕いて
今日も生あることに感謝して

2009年7月21日

2009.07.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 2009年7月を綴る

小花さんへ

なつつばきさん
サフランもどぎさん
白のガザニアさん
ガ―ベラさん
マリゴールドさん

初夏の調べを奏でる小花さんたちよ
生命(いのち)の調べを奏でる
貴女がたよ

今日からお名前で貴女をお呼びすることができます
野の片隅で生命(いのち)の調べを奏でる貴女に
庭の片隅で生命(いのち)の輝きを讃える貴女に

素敵な色合いで生命(いのち)の調べを奏でてください
貴女がたが陽光やそよかぜと語り合ったことを
そっとそっと耳打ちしてくださいね

貴女がたの傍を足早に駆ける人たちにも
お声をかけてください
貴女がたの瞳を輝かせてね

きっときっと心休まりますからね
きっときっとですよ
心和らぎますからね

向日葵さん
なつつばきさん
サフランもどぎさん
白のガザニアさん
ガ―ベラさん
マリゴールドさんと

みなさんの季節の調べの共演を楽しみにしています

山間(やまあい)に
街角に
田園に
みなさんの季節の調べを届けてくださいね

そよかぜさん、指きりげんまんです
きっときっとですよ
そよかぜさん、ゆびきりげんまんですよ
きっときっとですよ
 
7月の調べを思いっきり奏でてくださいね

2009年7月10日

2009.07.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | 研究会

水滴

雨上がりの後
葉に摑まる一粒の水滴
逆上がりしているような格好で
意気を示す
空間に緊張が走る
でもそれを感じ取るのは五月のそよかぜ

2009.06.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 2009年6月を綴る

小花の囁き

レンガタイルを敷き詰めた空間に
愛嬌たっぷりの小花が背筋を伸ばす
青い花弁、ピンクの花弁、それに黄色い花弁
茎や葉っぱを味方につけて
凛として

2009.06.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 2009年6月を綴る

草をとる

草をとる

ピンクの花弁の花
淡い青色の花
小さい小さい黄色の花

花はそっと残して

草をとる
生命力に溢れた草よ
季節の調べを奏でる草よ
小花のような可憐さはないだろうが

誰も咎めはしないけど
草たちも声は上げないけれど
怨嗟の想いでいっぱいだろう

手を合わせて
侘びを口にして
頭を垂れる

2009.06.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 2009年6月を綴る

緑の画布

青々と育った稲の並びの中に

白鳥(しらとり)が一羽ひっそりとひっそりと

羽を休める

緑の画布に白一点


振り向くと

こちらの緑の波間にも

やや小柄な一羽の白鳥(しらとり)

初夏の調べに聴き入って

眠るように佇む


2009.06.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 2009年6月を綴る

初夏近し

路面に春風がひゅっと囁く

車のエンジン音が

ひっきりなしに遮るけれど

路面に春風が囁き続ける

慌てんぼう春風が尻餅をつくと

心配そうに青空が視線を投げかけ

枝から別れたばかりの桜の花弁が寄り添う

ひらりひらりと春風に寄り添う花弁

春風は花弁をしっかりと握りしめる

遠くから聞えてくる虫の鳴き声に

初夏の息遣いを感じながら


2009.06.15 | | Comments(1) | Trackback(0) | 2009年6月を綴る

祝 結婚記念日三周年

ともさんとたけちゃんへ

ともさんが季節の花弁なら
たけちゃんは季節を先取りするそよかぜ
花弁とそよかぜ、
阿吽の呼吸で生命(いのち)の調べを奏でてきた

ともさんが涙すると
たけちゃんは反射鏡になって
大空にまで運んでしまう

ともさんが囁くと
たけちゃんは耳をジャンボにして
そっと言の葉をそよかぜに託す

ともさんが微笑むと
たけちゃんは大笑いして
病床を花園にかえてしまう

ともさんとたけちゃんの生活の調べ
花弁とそよかぜの二重奏

手を握り合い
奏でる生命(いのち)の調べ

明日も聴かせてくださいね
夜空の星がそっと言葉をかける

2009年4月21日

2009.04.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | 真摯な生の営みを重ねる

ともさんとたけちゃんの歩む道


桜の花弁が折り重なって
散歩道を舗装する

ともさんとたけちゃんが
気持ちよく歩けるように

ともさんとたけちゃんの想いが
春風にのって穏やかに流れる

手と手を重ねあい
お二人の愛の調べを
今日もカレンダーに記す

おふたりの命
今日も輝く

2009年4月14日

2009.04.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | 真摯な生の営みを重ねる

ともさんへのバースデイメッセージ

4月3日 ともさんへのバースデイメッセージ

たけちゃんが囁く言の葉
ともさんが微笑み返し
おふたりの想いは
花弁が重なり合う
春色の調べ

おふたりの想いは
きらきらと光り
きらきらと輝く
生命(いのち)の調べを紡ぐ二重奏

生命(いのち)の調べは
キチョウの羽にちゃっかり飛び乗って

春の調べを奏でる
生命(いのち)の尊厳を謳いあげる
野に咲き誇る花弁に語りかけ

生命(いのち)の調べは
キチョウの羽にちゃっかり飛び乗って

2009年4月3日を刻印する
ともさんとたけちゃんの生命(いのち)のメロディ



2009.04.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | 真摯な生の営みを重ねる

«  | HOME |  »

プロフィール

四季

Author:四季
ご訪問いただき有り難うございます。拙い習作を重ねております。コメント等いただければ幸いです。
なお当ブログに相応しくないコメントは管理人の判断で削除させていただきますのでご了承下さい。サイト内の作品の著作権は、製作者と管理人@四季にあります。転載などはご遠慮ください。

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。